ワカメ 薄毛

ワカメを食べれば髪が増える?

昔から、ワカメや海藻類は髪の毛にいいといわれてきましたが、本当なのでしょうか?

ワカメを食べれば、髪の毛がキレイになる・・・とか
ワカメを食べれば、髪の毛が増える・・・とか
ワカメを食べれば、髪の毛が早く伸びる・・・とか

でも、そもそもこれって効果のないことなのだそうですよ。
医学的に昆布やワカメで、髪が生えてくるということはなさそうです。

ただ、ミネラルや食物繊維、そしてヨードをたくさん含んでいるワカメは、栄養価的には優れた食品であるというのは間違いありません。
そもそも髪の毛の主成分は、ケラチンというタンパク質。
ワカメには、これらのものはあまりル含まれていません。
ただ、海藻類に多く含まれるヨードは、成長ホルモンの分泌を促し、新陳代謝を促すので、髪の毛の成長を促す助けをしてくれそうな気はしますね。

髪の毛のいいとされる食べ物

  • 納豆などの大豆製品
  • アーモンドなどのナッツ製品
  • みかん
  • レバー
  • 小豆

栄養成分としては、カルシウムやビタミンB1、ビタミンB2は、ストレスによる円形脱毛症の改善に効果的なんだとか。
赤ワインに含まれている、ポリフェノールは、血管を丈夫にしてくれ、血液をきれいにしてくれるので、抜け毛の予防に期待できそうです。

一番高kが期待できそうなのは、このなかだとレバー。
レバーには、鉄分、亜鉛、ビタミンA、ビタミンB群など、髪の毛の生育に必要だとされる栄養成分がすべて含まれています。

髪の毛の素となるたんぱく質のうち、メチオニンは、必須アミノ酸なので、体内で作ることはできません。
食べ物から摂取するしかないのです。肉や魚、卵、乳製品、豆類に多く含まれています。

また、髪の毛の主成分のケラチンは、亜鉛が不足すると合成ができなくなってしまうので、亜鉛も重要な栄養素です。
レバーやウナギ、イワシ、魚介類、納豆、アーモンド、そしてワカメなどの海藻類にいいく含まれています。

ビタミンB群は、毛母細胞の生育を促します。
レバーや、玉義、大豆、乳製品、緑黄色野菜、魚類、肉類、キャベツ、ナッツ、豆類などに多く含まれています。

こうしてみると、髪の毛にいい食べ物というのは、バランスのよい食事をするというのが一番のようですね。